どこよりもわかりやすくworkaway(ワークアウェイ)のプロフィールの書き方を解説!!例文あり

      2020/01/18

こんにちは、2日前に帰国しましたジローです。

1年もあれば色々なものが変化するもんですね。家の近くで新たにコンビニが3軒もできていたことに驚きました(笑)

 

さて、前回の記事では、workawayの登録方法について解説しました。

今回はホストさんとのやり取りをするためにとっても重要なプロフィールの書き方をご紹介します。

 

なぜプロフィールが重要なのかは逆の立場で考えるとわかります。

もしホストさんが、

・写真なし

・自己紹介1行

・仕事内容もわからない

だとしたらそんなところは行きたくないですよね。

 

ホストさんが僕らを受け入れるかどうかはプロフィールで判断します。

そういうわけでこのプロフィールを完成させるということは、今後のworkawayライフを左右する大切な作業となっています。

英語でプロフィールを書くのは面倒かもしれませんが、しっかり丁寧に完成させていきましょう!

例文、日本語訳付きでしっかりサポートさせていただきますのでご安心ください^^

 

4STEPでworkaway(ワークアウェイ)のプロフィールを完成させよう!

プロフィールを完成させるための手順は4STEPです。

全部で13項目ありますが、ほとんどは選択して答えるものばかり。

4つのSTEPは

  1. ちょっと考えて選択する部分
  2. 自分で考えて書き込む部分
  3. 2択を選ぶだけの部分
  4. 写真を追加する

で大まかに分けています。

 

「Description」という自分を説明する部分が一番の山場です。

ですが、これを見ながらプロフィールを書いていけば必ず完成出来ますので一つずつ進めていきましょう!

 

STEP1. ちょっと考えて選択する部分

Traveling to[目的地]~Type of help[サポートできる仕事の種類]まで

 

プロフィール編集画面に移動する。

まずはworkawayのサイトにアクセスして、自分のプロフィールページを開きましょう。

すでにログインされている方は、写真のように自身のプロフィール画像のアイコンが右上に表示されています。

そこをクリックすると自身のプロフィールページに飛べますよ^^

ログインしていない方は、前回登録したメールアドレスとパスワードを打ち込んでアクセスしましょう。

アクセスしたら下の方に編集ページがあるのでそこまでスクロールしてください。

 

Travering to(目的地の設定)

無事にスクロールをしていくとこのような画面が見えてくるはずです。

この画面にきたら、まずは一番上の「Travering to」で目的地の設定をしていきます。

右にある「Edit(編集する)」のボタンを押しましょう。

編集画面

 

そうすると、次の写真のページに飛びます。

「Add a new distination」をクリック。

 

ここで「Add a new distination(新しい目的地を追加する)」をクリックするとこのタブが開きます。

目的地とその期間を設定

 

「Location(場所)」に行き先を入力します。例としてノルウェー入れてみました。

そうすると期間をいれる空欄が出てきますので、決まっているのならいれておきましょう。

 

そして気になるのが期間の下にある英文。

これは「そこの国を目的地としているワークアウェイヤーが、一緒にそこへ行く仲間を探しています」という風に書いてあります。

 

ワークアウェイのいい面として、ワークアウェイヤー同士が連絡を取り合って旅ができるというものがあります。

一人で旅するよりは他の人と一緒に旅をしたいなって方は、

「Looking for a travel companion(一緒に旅する仲間を探しています)」

にマークしておきましょう。

 

僕のように移動は1人でしたいって方は

「No, thanks(大丈夫です)」

にマークしておきましょう。

 

最後に「Save(保存する)」ボタンを押して目的地の設定は終了です。

 

Individual account(1人用アカウント)

これは自分のアカウントが1人用か、2人用かを示しているだけです。

ほとんどの人はここは変更する必要がないのでそのままにしておきましょう。

もし2人用のアカウントに変更したければ「Upgrade to couple account」をクリックして先に進みましょう。

2020年1月現在は14ドル支払うと更新できるみたいですよ。

 

Travel dates(旅行日程)

先程の「Travering to」の項目とおなじように「Edit(編集する)」をクリックして編集を始めましょう。

 

日程が決まっていないという方でも、大体の日にちを設定しておけば大丈夫です。

カレンダーのボタンをクリックするだけなので簡単ですね。

 

Age(年齢)

これは登録したときの誕生日によって勝手に表示されます。

間違ったって方はここで訂正しておいて、そうでない方はそのままにしておきましょう。

 

Type of help(サポートできる仕事の種類)

これはどういう仕事をサポートできるかを聞いています。

これは全部マークしちゃって大丈夫です。特に難しい仕事はないので。

サポートできる仕事の選択画面

ホストさんのところで新しいスキルを身につけたりできるのも、ワークアウェイの魅力の一つです。やったことのないものでも恐れずマークしておきましょう。

それでもやっぱり不安だなって方は、自信のないものを外しておくほうが無難でしょう。

選択肢の日本語訳を下記に記したので参考にしてください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

STEP2. 自分で考えて書き込む部分

Description[自己紹介]とWhat skills do you have?[持っているスキル]を書き込む

 

Description(自己紹介)

さあ今回の山場、自己紹介の登場です。

ここでホストさんに自分がどういう人かを知ってもらうので、ここは大事に書きましょう。

 

書く内容としては、

・自分の職種はなにか(学生なら専攻とか書いてもOK)

・workawayでやりたいこと

・どこの国にいったことがあるか

・どういうことができるか

とかでしょうか。

 

ちなみに僕が書いたのはこんな感じです。

自己紹介の内容

Hello! I’m Daijiro from Japan. I’m 19 years old.

I’m university student in Okinawa and majoring in agliculture.

[こんにちは!日本から来ましたダイジロウといいます。19歳です。

沖縄の大学で農業を専攻しています。]

This year, I’m taking a year off from university to get experience of various things, especialy agriculture.

I have already experienced WWOOF 6 times in Japan, and once Norway, Denmark,Netherlands and France.

[今年、僕は色々な経験、特に農業の経験を積むために休学をしています。

僕は日本国内で6回、ノルウェー、デンマーク、オランダそしてフランスで1度ずつウーフを経験しています。]

 

I’d like to make friends who are from different countries and talk about different cultures.

The reason why I try to do Workaway is that I’d like to have an opportunity to stay with people in different culture.

[僕は様々な国の人たちと友達になったり、文化の違いについて話したいなと思っています。

僕がワークアウェイをする理由は他の文化を持った人たちと一緒に暮らす機会を持ってみたいからです。]

 

I realy like animals and nature.

I really like exercises as well.

[僕は動物と自然がとても好きです。

同様に運動をすることもかなり好きです。]

 

It is because I had belonged to track&field team in my high school.

I have compleated a full marathon twice.

So, I’m confident with my physical strength.

[理由として僕は高校のときに陸上部に所属していました。

そしてフルマラソンを2度完走したことがあります。

なので、体力面には自信があります。]

 

Also I can play the sanshin which is traditional musical instrument in Okinawa.

it’s been a 10 month since I started practicing this instrument.

[それと、僕は三線という沖縄の伝統楽器を弾くことができます。

練習をし始めてから10ヶ月経ちました。]

 

I’m traveling with this musical instrument.

So, you will be able to listen to great traditional sound.

If you can play some musical instrument, I’d like to have a musical performance together with you.

[僕はこの三線を持って旅をしています。

なので、あなたは伝統的な響きを味わうことが出来ます。

もし、あなたが何らかの楽器が弾けるのなら一緒に演奏をしたいです。]

l will do my best for supporting you.
I would be glad to work in your nice place.

Thank you.

[僕はあなたをサポートするために全力を尽くします。

あなたの場所で働けると嬉しいです。

ありがとうございました。]

僕の内容は結構長いほうだと思います。

コピぺとかもしていいので、使える部分抜き取って使ってみてください。

 

それと、今はもう入れていませんが登録したての頃は英語が喋れなかったので自己紹介の方に下記の文章を入れていました。

I can’t speak English fluently, but I can have a daily conversation.

I’d like to make friends who are from different countries and talk about different cultures.

So, I’m studying English hard.

[僕は英語を流暢に話すことは出来ませんが、日常会話は出来ます。

僕は様々な国の人たちと友達になったり、文化の違いについて話したいなと思っています。

なので、僕は英語を一生懸命勉強しています。]

こうすることで、相手も僕が英語を上手には話せないことを理解してくれます。初めての方はこうやって入れておくと良いんじゃないでしょうか。

喋れないけれど、英語を一生懸命勉強していますっていうのもアピールしていきましょう!

 

What skills do you have?(どんなスキルを持っていますか?)

どういう面でお手伝いできるかってことを聞いています。

自分が得意なことを書いておきましょう。部屋の掃除が得意なら「Cleaning」だとか「Washing」だとか。

編集画面下。

僕の例文を載せておくと

「painting, weeding, cooking, farming, gardening, Teaching Japanese/Japanese culture,

Taking care of animals and Anything you would like me to do.」

 

訳「ペイント、雑草抜き、料理、ファーミング、ガーデニング、日本語や日本語の文化を教えること、動物の世話、そしてあなたが私にやってほしいこと」

という感じですね。

コピーして全然OKなので、ぜひ利用してください。

 

STEP3. 2択を選ぶだけの部分

Languages spoken[話せる言語]~What else…[他になにかありますか]まで

 

Languages spoken(話せる言語)

少なくとも2つ日本語(Japanese)と英語(English)は確実に書いておきましょう。

英語が少ししか話せなかったとしても、英語は話せるということにしておいた方が良いです。

なぜなら、英語が話せないと書いてあるとホストさんは受け入れてくれないからです。

 

プロフィール欄に「英語はまだ少ししか話せませんが、話せるように努力しています」という趣旨の文章を入れておけば問題ありません。

例文は「Description」の項目ですでに紹介しているので参考にしてみてください。

 

Are you Smoker?(喫煙者ですか?)

質問通りタバコを吸うかどうかを聞いています。

場所によっては喫煙者を受け入れないってとこもありますが、吸うのならば正直に「Yes」にしましょう。

吸わないのなら何も触れないでおきましょう。

 

Do you have a car licence?(運転免許をもっていますか?)

見てのとおり運転免許を持っているかどうかを聞いています。

海外で運転するには国際免許証が必要ですので、国際免許証を持っていたら「Yes」にしておきましょう。

なければもちろん「No」にしましょう。

 

Are you allergic to any thing?(なにかアレルギーがありますか?)

この項目は日本語訳のとおりアレルギーを持っているかを聞いています。

なければ何も書かなくてOKです。

 

もしあるなら該当するものを単語で書いておきましょう。

例えば、卵とエビのアレルギーを持っているなら

「Egg, shrimp」

といった感じです。

 

Do you have special dietary requirements?(特別な食事を要求するか?)

この項目は菜食主義(ベジタリアン)かどうかってことを聞いています。

もしあなたがベジタリアンであれば

「I don’t eat meat.」

とでも書いておきましょう。

なければ触れなくてOKです。

 

What else …(他になにかありますか?)

ここは「Description」の項目で書き足りなかった「これは知らせておきたい!」ってことを書くところです。

特に何もなければここは

「Nothing」

とでも書いておきましょう。

 

僕の場合は、三線を持って旅をしていたので

「I’m traveling with a Sanshin which is Okinawan traditional musical instrument. I can play it.」

「三線と一緒に旅しています。演奏できますよ。」

ってことを改めて記しておきました。

 

STEP4. 最後に自分の写真を追加しよう!

忘れてはいけないのが自分の写真をアップロードしておくこと。

いくらプロフィールが完璧でも写真がないとやっぱり怖いですからね。

 

写真のポイントは

・笑顔で写っている

・楽しそうな写真

・日本っぽい写真

とかがあると良いんじゃないでしょうか。

 

女性なら着物の写真とか凄くいいとおもいますよ。

 

写真をアップロードするには自身のプロフィール画面の1番上に戻ります。

そして「Photos+Videos」をクリックすると出てくるタブ「Photos」をクリックします。

最初のプロフィール画面

 

そうすると、次の画面が出てくるので緑の「+Add files」をクリックしてアップロードしたい写真を選びます。

ファイルを選択したら、青の「Start」をクリックして写真を登録しましょう。

写真アップロードページ

 

僕の写真は先ほどあげたものに当てはまってないのもありますが、数の多さでカバーしてるつもりです(笑)

写真は多いほど相手に印象も伝わりやすいので、できる限り多くあげておきましょう。

 

次回はホストさんにメールを送ってみよう!

ここまでおつかれさまでした!

これでワークアウェイの最大の難関であったプロフィールを攻略することができましたよ!

おめでとうございます!

プロフィールが完成したので、もしかしたらホストさんからスカウトも来るかもしれません(笑)

 

次回はついにホストさんへのメッセージを送る段階に移ります。

もちろん例文、日本語訳をつけながら解説していきますのでご安心ください^^

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 - 世界一周