【徹底比較】今本当にオススメできる海外ホテル予約サイトBEST4はコレだ!

どうも、世界一周コンサルタントのジローです。

海外でホテルを予約したいのだけど、サイトが多すぎてどれがいいのかわからない・・・

このように迷われている方は案外多いのではないでしょうか?

とりあえず目についたホテルを直接予約しておこう・・・

なんて方もいると思いますが、ソレだと非常にもったいないです。

サイトを使わないだけの小さな差ですが、生涯でみると予約サイトを使わないだけで100万近く損をするかも知れません。。。

なので、今まで予約サイトを使わないでいたなら使用を考えてみてもいいでしょう。

同じ旅行ならできるだけ安く行けたり、お得なサービスがある方が嬉しいですよね。

そこで今回は、世界一周を経験してきた僕が実際にホテル予約サイトを比較した上で

  • それぞれのサイトの特徴
  • サイト特有のサービス
  • どういう人に向いているのか

この3つの項目を中心に、おすすめサイトを厳選して紹介します。

予約サイトを初めて使う人でもわかりやすいように、実際の画面を使って解説していきます!

 

ホテル予約サイトは2種類

まずはホテル予約サイトの種類について理解しておきましょう。

実は、ホテル予約サイトには「日系のホテル予約サイト」と「海外系のホテル予約サイト」の2つが存在しています。

日系サイトというのが「じゃらん」「エアトリ」「楽天トラベル」と言ったもので、サイト自体も日本人向けに見やすく作られています。

一方の海外系サイトというのは「Expedia」「Booking.com」「Hotels.com」などよく耳にする有名所が多いですね。

海外系のサイトは日系サイトと比べて口コミや掲載ホテル数が多く、値段も格安であることがほとんどです。

このことから、海外のホテルを予約するのなら日経サイトよりも海外系のサイトを使うほうが断然おすすめです。

そういうわけで今回は数ある予約サイトの中でも、海外系のホテル予約サイトに絞って4つ紹介していきます!

 

コレが定番!オススメの海外ホテル予約サイト4つ

知名度や使いやすさ、サービスの質などを厳選した結果、オススメできるサイトは以下の4つです。

  • Expedia(エクスペディア)
  • Booking.com(ブッキングドットコム)
  • Agoda(アゴダ)
  • Hotels.com(ホテルズドットコム)

これらのどれかひとつは皆さんも使ったことがあるのではないでしょうか?

海外ホテルの予約サイトはかなり多いですが、基本はこの4つの内のどれかを使っておけば問題はないです。

各予約サイトにもそれぞれ特徴があるので、一つずつ説明をしていきます。

 

【ひと目でわかる】予約サイト比較表

各サイトの紹介に入る前に、ザッとそれぞれのサイトの特徴をまとめておきます。

各サイトの詳細は次の見出しで順に説明していきます。

 

Expedia(エクスペディア)

まずは、Expediaから説明していきます。

Expediaの公式サイトはこちらから

 

Expediaの特徴はホテルだけでなく、航空券やレンタカー、現地ツアーまで予約できてしまうということです!

というのも、Expediaは海外ホテル予約専門サイトではなく、ホテル以外に航空券などを販売する総合旅行予約サイトであるためです。

そのためExpediaでは、単にホテルを予約するよりも航空券と一緒にホテルを予約すると料金がおトクになります。

そんなExpediaですが、まずは実際のホテルの予約方法を説明していきますね。

 

Expedia(エクスペディア)の予約方法

Expediaの予約方法はわかりやすいです!

 

一番最初の部分では、目的地と日時、人数を指定します。

左下の方にあるオプションで「朝食込み」や「キャンセル料無料」という項目もあるので、必要な方は選択しておきましょう。

 

 

そうするといくつか候補が見つかるので、泊まりたい場所をクリックしてみてみましょう。

今回は2人で約4600円という格安の場所が候補に出てきたので、コレにしてみます。

 

クリックしたらどの部屋にするか選ぶページに飛ぶので、予約したい方の部屋を選択しましょう。

 

ここまできたら後は個人情報やカード情報を打ち込んでいくだけです。

 

すべて打ち込み終わったら「予約を完了する」を押しましょう。

そうすると、登録したメールアドレスに予約が完了しましたという旨のメールが来るので、それを確認できたら終了です。

 

オトクなAIR+割制度

先程述べたように、Expediaではホテルの予約だけでなく航空券も合わせて予約することができます。

ここで知っておきたいのが「AIR+割」です。

この「AIR+割」は、航空券+ホテルをセットで買うことで適用され、セット購入した場合はホテル代が割引される制度になっています。

別々に買うよりもおトクな値段になるわけですが、この割引率がこれまたスゴイです!

購入するホテルによっても異なりますが

  • 航空券とホテルの同時予約の場合はなんと「ホテル代が最大全額OFF」
  • 航空券予約後のホテル予約の場合は「ホテル代が最大68%OFF」

と、なっています!

あくまで”最大”なので現実的にはもう少し割引率は低いでしょうが、それでもかなり魅力的です。

この割引を利用すれば、びっくりするくらいホテル代が安くなるので利用しない手はありません!

 

世間のExpediaの評価

Expediaの印象がはっきり言ってどうなのか、Twitterから意見を引用してみました。

1年ほどツイートを遡ってみましたが、全体的に良い評判よりも悪い評判が多かったです^^;

カスタマーサービスに繋がらなかったり、返金の対応が悪かったりなどトラブルがちょっと多いみたいですね。

ジロー
僕自身もExpediaを国内で2回ほど使ったことがありますが、その時は何も悪い印象はなかったです

 

Booking.com(ブッキングドットコム)

次にBooking.comについて説明していきます。

Booking.comの公式サイトはこちらから

 

Booking.comは、大手オンライン旅行会社であるブッキングホールディングスが運営するホテル予約サイトです。

そのホテル掲載軒数は世界一を誇り、個人経営の民泊やゲストハウスなども含めて約2900万軒

他社を圧倒しています。

支払方法は基本的に現地での後払いが多く、宿泊直前までキャンセル無料な場合が多いです。

ジロー
直前の変更やキャンセルに強いので、予定が不確定な場合も安心して予約できます!

それでは、Expediaと同様に予約の方法を説明していきます。

 

Booking.comの予約方法

一番最初のページでは、目的地と日付、人数を決めていきます。

 

次のページではいくつかの候補が出てくるので泊まりたいホテルをクリック。

今回は2人で1万円のホテルが約4200円にまで値下がりしていたので、それを選ぶことにします。

ジロー
Booking.comでは料金が総額表記であることが地味に嬉しいです

他のサイトでは、実際の予約画面に行かないとサービス料が含まれた総額の値段がわからず、意外と総額が高くなることも起こり得るので。

 

泊まりたいホテルを選んだら、部屋の状況をみて予約します。

このページを見てすぐに口コミを見ることもできるので便利です。

 

部屋の数を選んでから予約画面へをクリック。

 

そうすると、こういう画面に飛びます。

画面中央にも書いているように、Booking.comでは予約時に料金を払う必要はなく現地で支払えるのは大きな強みです。

 

すべての情報を入力し終えたら、右下にある「予約を確定する」というボタンを押して完了です。

 

クレジットカード情報を打つ必要もないので2~3分で予約が完了できます^^

※ホテルによってはクレジットカード情報の入力が必要な場合もあります。
(支払いはクレカでなくてもいい場合が多いです。)

 

5泊利用で8割近くのホテルが10%OFF!

Booking.comの最大メリットはgenius会員制度です。

このgenius会員制度というのは、Booking.comで5泊分利用するとgenius会員というステータスが付与され、各種サービスを受けることができるというものです。

genius会員として受けられる特典
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • ウェルカムドリンク
  • 対象ホテルが10%OFF
  • 無料Wi-Fi
  • 無料朝食

※ ホテルにより提供している特典は異なります

一番のメリットは、対象のホテルが常時10%OFFの値段で利用可能になるということです。

genius特典の対象ホテル数は公表されていませんが、どこを見ても8割近くのホテルがgenius会員特典の対象になっている印象です。

genius会員になる条件は「Booking.comを5泊分利用するだけ」と、かなりハードルが低いものになっているので、コレを利用しない手はありませんね!

 

世間のBooking.comの評価

こちらも同様にツイッターを1年ほど遡っていくつか引用してみました。

https://twitter.com/chiroru_h/status/1030034186172686336

Expediaはいい評判はあまりなかったですが、Booking.comはいい評判も悪い評判どちらも半々と言った感じです。

あまり良くなかったという人のツイートを見ていると、「事前決済を使って失敗した」という内容が多かったです。

返金など諸々の問題がでてくるので、やはりホテルの決済は現地で行うのが一番ですね。

 

Hotels.com(ホテルズドットコム)

次にHotels.comです。

Hotels.comの公式サイトはこちらから

 

このHotels.comですが、実はExpediaグループの子会社が運営しています。

そのため国内外のホテル予約の他、LCCを含む航空券や現地ツアーの予約も可能で、航空券とホテルの同時予約で割引もあります。

ジロー
また、ホテル検索機能が充実していて、デザインも見やすい使い勝手が良いホテル予約サイトだと言えます!

料金の絞り込み検索は、上限・下限額どちらも設定することができ、金額ごとに細かく検索もできます。

特に並べ替え機能が便利で、駅や観光スポットからの距離順に並び替えられるなど他サイトにはない機能も備えているのもポイントです。

 

Hotels.comの予約方法

最初のページでは、お決まりのように目的地と日付、人数を決めていきます。

Hotels.comでは部屋の数もこの時点で選ぶことができます。

 

結構お高めのホテルもセールしている事が多いのです。

2人で24,000円のホテルが約6700円にまで値下がりしていたので、今回はそちらを選びます。

 

キャンセルも無料ということを確認しつつ、右側にある「今すぐ予約」のボタンをクリックします。

 

そうすると部屋のタイプを選択する画面になるので、好きなタイプの部屋を選んで予約をしましょう。

 

ここまできたら後は個人情報を打ち込んでいくだけです。

 

クレジットカード情報を打ち込む項目がありますが、これはクレジットカードを登録するだけであり、今すぐ料金を支払う必要はありません。

 

すべての項目が入力し終わったら右下にある「予約」のボタンを押して終了です。

 

予約のボタンをクリックしたら、登録したメールアドレスにメールが届くので忘れずに確認しましょう。

 

10泊すると1泊無料!

Hotels.comの一番のメリットは「10泊したら1泊分無料になる」ということです。

国内海外問わず通算10泊するだけで、世界中で使える1泊無料クーポンをプレゼントしてもらえます。

ただ、このクーポンで無料になる金額は10泊した分の宿泊料金の平均金額ということに注意してください。

ジロー
つまり、安いホステルに10泊して、5つ星ホテルに無料で1泊するということはできないようになっています(苦笑)

例えば、1泊5,000円のホテルを10回利用したなら5000円分のクーポンが貰えるというイメージです。

特典を超える金額のホテルに泊まるとなると、その差額分を支払うことになります。

まあ、この特典を還元率で見れば約10%という高還元となっているためかなりお得です。

また、Hotels.comは頻繁にクーポンを配布しており、サイト表示額から8%も安くなることも!

 公式ツイッターのフォロワー限定となっていますので、Twitterをチェックしておくといいでしょう。

 

世間のHotels.comの評価

それでは最後に、世間でのHotels.comの評価を見てみましょう。

https://twitter.com/Moiche5/status/1147535429396127744

口コミを見ていると、Hotels.comは評判は割と良い印象です。

特に「10泊すると1泊無料」という特典に対する喜びのツイートが多く見られました。

トラブルに関しては、他サイトと比べると少ないもののちらほら見られます。

まあ全体的にはいい評判なのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

Agoda(アゴダ)

最後にAgodaについて紹介していきます!

Agoda公式サイトはこちらから

Agodaは、Booking.comと同じブッキングホールディングスが運営するホテル予約サイトです。

シンガポールに本社を置き、東京・香港・バンコクなどアジアを中心に支店を構えているため、アジア圏、特に東南アジアでのホテル予約に強いのが特徴です。

一部のアジア圏のホテルをAgodaが独占契約しており、Agodaでしか予約できないということもあるようです。

ジロー
しかし、アジア圏以外だと他社と差別化もできずサービスの質もそこまでな印象です。

また価格面では「日替わりお値打ち料金」という時間限定のセールを行なっており、驚くほど安くホテル予約ができます。

他社サイトがあまり扱わないようなホステルやゲストハウス等の宿泊施設も幅広く掲載しているため、安宿メインのバックパッカーには嬉しいサイトです。

最近では日本からLCCの就航数が増えて東南アジアへ渡航しやすくなっています。東南アジアであれば、まずはAgodaでホテルを探すのもいいですよ。

 

Agoda予約方法

Agodaでも他サイトと同じように、最初の画面では目的地と日付、人数を設定します。

 

人数を設定したらこのようにホテルを選択する画面に移ります。

70%OFFという表示があったのでこちらを選んでいきます。

 

ホテルの内観のページに飛んだら、下にスクロールして部屋のタイプを選んでいきましょう。

選択肢たら右側の「予約する」をクリックします。

 

そうするとお支払いのタイミングを選ぶ画面と個人情報を入力する画面に移ります。

お支払いのタイミングは「後日払い」がオススメです。

 

すべての項目を入力し終わったら右下にある「次へ」をクリック。

 

そうすると確認画面に移るので、ソレを確認できたら「今日予約でも後日支払い可」というボタンを押して予約完了です。

 

予約後にはメールが届きますので忘れずに確認しましょう。

 

世間のAgodaの評価

最後に世間のAgodaの評価を見てみましょう。

口コミを見ていると「価格が安い」という項目が頻繁に出てきました。

Agodaは当日割引が他サイトよりも強いのでこのような結果になったのだと思います。

トラブル時折あるようですが、その中でも事前払いによる金銭トラブルが多いので「現地での後払い」を心がければ問題ないでしょう。

 

旅先でトラブルが発生!そんなときに頼れる日本語サポート

補足として各サイトの日本語サポートについて説明します。

宿泊する部屋が予約内容が違うんだけど・・・

日本では「予約された部屋が違う」なんてことはほぼ無いですが、海外のホテルではそのようなトラブルが起こることは容易にありえます。

そんなときは予約サイトに問い合わせをして確認することが必要になってきます。

英語使えないけど大丈夫なの?

と、思うそこのあなたでも大丈夫なように以上4つのサイトは24時間365日、日本語で電話対応をしてくれるサポートセンターが設置されています!

英語しか受け付けないとなると話すことも聞くこともできないのでどうしようもないですが、日本語が使えるなら安心ですよね。

ただ、一つ注意してほしいのが、今回紹介したサイトは海外系のサイトというのもあって日本語可能と書いていても相手が日本人であるとは限りません。

流暢な日本語ではないかも知れませんが、対応はしっかり受け付けてくれます。

(Expediaは日本語対応のサポートセンターに電話が繋がりにくいようですが・・・)

このようにサポートセンターが設置されているので、いざという時には臆することなく問い合わせをしてみましょう。

 

あなたに合うオススメの海外ホテル予約サイトの選び方

ここまで4つのサイトを紹介してきましたが、最後にそれぞれのサイトの特徴を踏まえて「どのような人がどのサイトに向いているのか」についてまとめておきます。

それぞれのサイトにオススメな人
  • 長期間宿泊せず航空券とホテルを一緒に利用するなら
    ⇒ Expedia

  • 最低5泊以上の旅行を考えているなら
    ⇒ Booking.com

  • 出張や世界一周などたくさんホテルを利用するなら
    ⇒ Hotels.com

  • アジア圏の旅行で格安で済ませたいなら
    ⇒ Agoda

こんな感じですね。

ここまで見てきても

どれにしようか迷うな・・・

という人は、とりあえずHotels.comを選んでおきましょう。

サービスやトラブル対応も悪くなく、サイトもシンプルで使いやすいですし、何より「10泊で1泊無料」という特典のメリットが大きいためです。

どこを見ても満足度は高いので、迷ったらHotels.comですね^^

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

皆さんが良い旅を遅れることを祈っています!